【厳選】千葉県でおすすめの軽貨物委託会社2選【未経験者の方へ】

お店・サービス

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

こんにちは、わたなべです。

軽貨物ドライバーに転職するために委託会社について調べているものの、数が多すぎてどこと契約すべきかわからないという方は非常に多いです。

僕も脱サラして業務委託の配達員になっているのでよくわかるのですが、どこも『未経験OK』とか、『月収50万円以上も可能』とか謳ってますよね。ただ本当なのかって疑いたくなると思うんです。

そんな時に、すでにその会社の契約ドライバーとして働いていたり、同じ現場に入っている委託会社の印象など、生の声が聞けたら嬉しいですよね。もちろん実際に働いてみないと自分に合うかわからないというのはありますが、委託会社選びの参考にはなるはずです。

そこで今回は、僕が稼働している千葉県内でおすすめの配送委託会社を2社紹介します。内容については私見を大いに含みますが、これから契約先を探している方には参考になるはずです。

特に以下のような方の役に立てるよう、記事を作成しています。

  • 配送業未経験者で千葉県内で委託会社を探している方
  • 求人を見ていてもどこの会社も同じだと感じている方
  • 前職よりも報酬額が下がったらどうしようと不安な方
  • 千葉県で未経験者におすすめの軽貨物委託会社2選
  • 委託会社によって特徴はかなり違う
  • まずは週5日稼働で月手取り30万円を目指そう
スポンサーリンク

千葉県で未経験者におすすめの軽貨物委託会社2選

まずは、未経験から軽貨物ドライバーをやるならここがおすすめ、という千葉県内の委託会社を紹介していきます。一覧は以下のとおりです。

  • 株式会社Shakeheart
  • 株式会社クコウ

株式会社Shakeheart

引用元:https://driver-recruit.jp/

✅会社情報

会社名株式会社Shakeheart(シェイクハート)
所在地本社:千葉県市川市新井3−4−3 南行徳K2ビル 1階
営業所:
設立2014年11月11日
ホームページhttps://運び屋.jp
https://driver-recruit.jp/(採用サイト)

約200名のドライバーを抱える、千葉県内でも屈指の大手委託会社。東京・千葉エリアを中心に多くの企業案件を持ち、秋田にも営業所を構える。20〜30代と同じくらい、40〜60代のドライバーが活躍しており、あらゆる年齢層のニーズに対応している点が魅力。

✅おすすめポイント

  • あなたの“やる気”に応えてくれる委託会社
  • 高品質のドライバーに成長できる環境
  • 社員数が多くバックアップ体制が万全

あなたの“やる気”に応えてくれる委託会社

「とにかく稼ぎたい!」というドライバーのやる気に応えてくれる会社です。というのも、実は僕が契約している委託会社がShakeheartなので言えるのですが、駆け出しの時に荷物の多い現場を紹介してくれたおかげで、本当にお金のない状態から脱出できた過去があります。

また、自宅から現場の距離であったり、シフトと家庭の行事の兼ね合いなども可能な限り調整してくれています。僕にも子供がいるので、そうした面も長く働いていく上では必要不可欠なのですが、積極的に動いてくれるところも非常に助かっています。

高品質のドライバーに成長できる環境

軽貨物業界の中でも高品質を売りにしている会社のため、安全や配送ルールについての周知回数も多いですし、報連相の徹底も求められます。しかしそれは一方で、個人ドライバーとしての配達スキルを高められるメリットがあるとも言えます。

僕自身も業界未経験でスタートしたので、当初は指摘されることも多かったのですが、現在は気をつけるべきポイントを自分で判断できるようになりました。プロのドライバーを目指したい方にはピッタリの環境です。

社員数が多くバックアップ体制が万全

Shakeheartの社員数は20名超。この数字は県内委託会社の中でもトップクラスです。リース車両のメンテナンスや、担当現場での働きやすい環境づくり、報酬明細の作成などなどを代行して行ってくれます。これによりドライバーは配達業務に集中することができます。

個人ドライバーは現場に入ってしまえば一人の時間ですが、シフトの調整や他現場へのヘルプなど、いろいろと社員と関わることも多いのです。しかし、こうした業務フローもスムーズで、万全のバックアップ体制を整えていると感じます。こうした組織力もShakeheartの強みですね。

■株式会社Shakeheartへのエントリーはこちらから

株式会社クコウ

引用元:https://www.kukou.co.jp/

✅会社情報

会社名株式会社クコウ
本社所在地千葉市美浜区磯辺3-28-6-1
設立2019年12月
WEBサイトHP:https://www.kukou.co.jp/
Xアカウント:https://twitter.com/KuKou_yuki

若い会社でありながら、大手ECサイト配送の現場で多くの台数枠を持つ委託会社。少数精鋭で運営されており、横のつながりが強いのが特徴。サッカースクール事業も同時に展開中。

✅おすすめポイント

  • 少数精鋭で一人ひとりのドライバーに目が行き届く環境
  • ロイヤリティ一切なしの明朗会計
  • BBQなどの社内イベントが充実

少数精鋭で一人ひとりのドライバーに目が行き届く環境

ドライバー数30名と規模はやや小さめであるものの、それだけ個人ドライバーに目が届く環境であるということ。一度現場に入った方の離職率が低いのが、それを物語っています。

特に未経験からスタートの方はちゃんと配達できるのか不安だと思いますが、鬼の優しい研修担当がしっかりサポートしてくれるので大丈夫です。一人ひとりへのサポートが手厚いのがクコウの最大の魅力です。

ロイヤリティ一切なしの明朗会計

軽貨物ドライバーの報酬は、売上からロイヤリティや事務手数料、車両リース代が引かれて振り込まれるというのが一般的です。しかし、クコウではロイヤリティを取っていないため、稼いだ分だけ支払われるという、わかりやすい報酬体系になっています。

しかも、他社よりも車両リース代が1〜2万円安いそうで、ほぼ全てのドライバーがリースを選択しているとのこと。車がなくても免許さえあれば働けるのは安心ですし、効率的に経費にできるので節税対策にもなります。

BBQなどの社内イベントが充実

クコウでは社員と委託ドライバー合同で、BBQや飲み会などの社内イベントを定期的に行っています。社員だけとか、現場のドライバー少人数でとかは割とあるのですが、全員参加型というのは業界的にも珍しいです。

社内イベントの様子

大きい倉庫で稼働していたりすると、同じ委託会社同士でもあまり話さない、みたいなことが意外とあるのですが、クコウのドライバーは仲が良いです。配達していると辛いこともありますからね。仲間と一緒に頑張りたいという方におすすめです。

■株式会社クコウへのエントリーはこちらから

委託会社によって特徴は結構違う

上記、2社紹介しただけでも、それぞれ特徴は違いましたよね。

求人広告だけ見ていると、どこも同じように感じてしまうものですが、契約条件や社風、ドライバーに求められるものなど、微妙に違うものなのです。

ここで応募に際して、僕が確認しておいてよかったと思う点について挙げます。

  • 現場の荷物の数
  • リース車の自己負担額
  • 休日出勤の有無

それぞれ補足します。

現場の荷物の数

個建て契約の場合、配完数×単価で報酬が決まりますので、荷物が少なければ稼げないということになってしまいます。

■参考記事>>【軽貨物】個建てと車建てのメリット・デメリット【どっちが良い?】

僕も軽貨物ドライバーをスタートしたのは個建ての現場からだったのですが、あらかじめ荷物の個数を確認させてもらいました。これはやっておいて本当に良かったですね。というのも、最初は自宅から近所の現場を紹介されたのですが、目標の手取り額に届く現場ではなかったためです。

まとまった金額を稼ぎだす必要があったので、少し距離がありましたが荷量が多い現場を希望。結果的に、1日120〜130個程度は配完数を伸ばすことができ、目標金額を達成することができました。その時の詳細は以下の記事で解説しています。

■参考記事>>僕が未経験からの軽貨物ドライバーで月の手取り30万円を稼いだ方法

リース車の自己負担額

軽貨物配送をスタートさせたいと思っていても、多くの方は黒ナンバーの車持ってないですよね。車両リースを希望する方が大半のはずなんです。

安心してほしいのは、ほとんどの委託会社で稼働用車両を用意してくれるということです。ですので、車を持っていなくてもすぐに仕事を始めることができます。

ただこのリース車について、個人ドライバーがどこまで負担するのかというのが、委託会社によって様々です。例を挙げると以下の通りです。

  1. 月額5万円:車検やオイル交換、タイヤ交換などコミコミ
  2. 月額3万円:整備代はドライバー負担
  3. 月額4万円:車検代のみドライバー負担

これ結構大事な話なんですが、意外と曖昧にしている会社があるので、最初に確認しておいた方がいいです。

例えば、2番目の月額3万円プラン、一見安そうに見えますよね。ただ、ドライバーの走行距離は半端じゃなく伸びるので、整備代が嵩みます。その上、年式の古い車だと車検代も高額になります。そう考えると、月額5万円でも整備付きの方が、トータルで出費を抑えられたりすることもあるんですね。

さらに言うと、新しい車をリースできるとは限りません。委託会社の方針次第です。リース代は高めでも新しい車を用意してくれる会社もあれば、リース代を抑える代わりに10万km超の車を用意される場合もあるわけです。

ですので、個人的には1番目の、月額5万円で全部メンテナンスまでやってくれた方が、毎月の支払額が読めるのでいいな、と個人的には思います。この辺りは人それぞれ感じ方が違うところですが、よく考えて選択してほしいですね。

最初はリース、慣れてきたら持ち込みがベターな

一般的にリース代は、持ち込みに比べてやや高めです。やはり自分の車で稼働するのが安定して割安です。しかし、いきなり車を購入してしまうのもリスクです。自分が本当に長く働いていけるかわかりませんから。

そこで、まずは配達スキルを磨きつつ仕事に慣れるまではリース車、その後長くやっていけそうだと判断できたタイミングで自分の車を購入する、というのがベターな選択です。

ただ、リース代をかなり抑えてくれている委託会社も存在します。リース料は全額経費にできるというメリットがあるため、その場合はリース車に乗り続けるという選択もアリですね。

■参考記事>>【軽貨物ドライバー】車両購入時の3つの注意点【リースvs持ち込み】

休日出勤の有無

稼働現場によっては休日出勤する必要が出てくることがあります。

例えば、3人が交代で出勤している現場で稼働しているとします。通常2人だけで対応できる荷物量でも、7月や12月の繁忙期や、稀にあるのですが荷量が爆発した時など、休みを取っているドライバーにお願いして出勤してもらうことがあります。

配達員の休日出勤のイメージ

大手配送会社の現場なら正社員のドライバーにお願いできるかもしれません。また、委託会社の社員が急遽ヘルプに入ってくれるかもしれません。

ただ、それができない場合は、限られた戦力でやりくりするしかありません。どれだけ多くの荷物があったとしても、誰かしらが当日中に配達しないといけないので。ですので僕も実際に、休みでも駆り出されることが数ヶ月に一度程度はありました。

プライベートを大事にしたい方もいると思うので、こうした点も確認した方がいいですね。

まずは週5日稼働で月手取り30万円を目指そう

これから軽貨物業界の参入を検討している方は、会社でもらっていた給与額や、これまで請け負っていた仕事での報酬よりも下がったらどうしよう、という方も少なくないはずです。

確かに、最初は横乗り研修が多かったり、思ったよりも個数配れなかったりするので、なかなか稼げない期間があるかもしれません。

しかし、地道に経験値を積むことで、しっかり稼げるようになっていきます。初心者がまずやるべきことを挙げると以下の通り。

  1. 先輩ドライバーの配達方法を学ぶ
  2. 配達エリアの地図や、一度行ったマンションの作りを覚える
  3. 自分に合った配達方法を模索する

これらを反復することで、確実に配達スピードは上がっていきます。

■参考記事>>【宅配】軽貨物ドライバーが押さえるべき早く回るコツ【脱初心者】

すると、報酬も自然と付いてきます。まずは、週5日(できる方は週6日)稼働して、手取り30万円を目標にするといいです。僕もこれを目標にしていましたが、3ヶ月目には達成することができました。

もちろん、今回ご紹介した委託会社では、真面目に業務にあたる方を全力サポートしていますので、是非エントリーしてみてください。

ということで今回は、千葉県内でおすすめの軽貨物委託会社4選ということでご紹介してきました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました